《今月の“歯っ”とするお話》VOL.96

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◆ 歯医者さんの繁盛便り《今月の“歯っ”とするお話》

┼────────────────────────────────┼

                     2019/09/10発行 Vol.96

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○2040年を見据えた取り組み

──────────────────────────────────

先月21日、日本歯科医師会による『2040年を見据えた歯科ビジョン第2回検

会』が東京都千代田区の歯科医師会館にて開催されました。

この取り組みは、超高齢社会の新しい歯科医療のあるべき姿について検討し、

「令和における歯科医療 ~2040年を見据えた歯科ビジョン~」として取り

まとめ、内外に発信していくことを目的としたもので、今年6月19日に、第1

回検討会が行われました。

テーマ1の『情報発信(国民啓発と多職種との情報共有)について』では、医療

法人博仁会理事長の鈴木邦彦氏が「深化する地域包括ケアシステムと医師会・

かかりつけ医の対応」と題した講演を行い、そのなかで社会全体が実現すべき

目標を“地域共生社会”、その社会を実現するための手段として“地域包括ケ

アシステム”と説き、かかりつけ医機能の重要性を強調しました。

続いて行われたテーマ2の『口腔機能低下とオーラルフレイルについて』では、

日本歯科医師会の佐藤保副会長が、オーラルフレイルの概要や歯科からのアプ

ローチなどについて解説。それを受けて、日本栄養士会専務理事の迫和子氏は、

管理栄養士による居宅療養管理指導について「口腔機能低下による低栄養、低

栄養の恐れのある人に対しては、歯科医師の指導の下でも行えるようにできな

いだろうか」と提案。さらに出席者からは多職種連携の推進や健診制度などの

仕組みづくり、国民に伝わりやすいキャッチコピーなどといったさまざまな発

言がなされ、積極的な議論が展開されました。

第3回検討会は10月23日を予定。次回の会合を経て、年度内にビジョンの取り

とめを目指すとのことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 今月のヒント

──────────────────────────────────

お子さまが嫌がらずに歯みがきをするにはどうしたらいいか? こんな悩みを抱

えている親御さんにおすすめなのが、YouTubeにもアップされている歯みがき

ソングの数々。

ためしにYouTubeを開いて『歯みがきのうた』で検索してみてください。

なかには子どもたちが大好きなアニメキャラクターを題材にしたものもあり、

歌と映像を楽しみながら、歯みがきができることうけあいです。

歯みがきの習慣づけのヒントとして、ぜひ参考にしてみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行・編集 株式会社フューチャーワークス 市川 浩

〒158-0091 東京都世田谷区中町1-242-105

Tel.03-6432-2831 Fax.03-6432-2832

歯科ツールの達人

https://www.shikatool-tatsujin.com/

お問合せ info@futureworks.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━